ブログネタ
YES!プリキュア5 に参加中!
 「この人が、理事長」(水無月かれん)

 個人的に誤解を抱いていただけで、相手に直接悪いことしたわけでもないのに謝りたいという水無月先輩は低姿勢なイイ娘だと思った。
 ◇

 エラい人が正体を隠してるのはブランディングのためというナイトメア社の社員の方々の解釈を先に提示しておいて、サンクルミエール学園の理事長も同じなのか?と展開していって、いや違う、実は生徒想いで現場にいたかったからだと裏返してみせる流れとかオーソドックスで良かったんですけど、オタカさん(理事長)普通の人だったんだ!

 なんとなくココ達に気付いていると解釈できるようなシーンがあったし、サンクルミエールはフランス語で「5つの光」の意味だから、5つの光に守られていたというパルミエ王国の設定に関係してるんだろうと予想していて、そんな学園のトップだから何かしらのパルミエ王国関係者、少なくとも正体に多少のファンタジー要素を持ってる人だと予想してたんだけど、普通に一般人としてハデーニャさんにノックアウトされてました。旧校舎のファンタジー現象とか、そもそもドリームコレットが図書館にあったこととか、何かしら学園にはファンタジー世界と接点がある謎が張られてる気がするんですけど、そっちのお話とオタカさんはまた別なのかー。そうかー。

◇今週の見所

●プリキュア内格差:のぞみ・うらら(おバカさん組)|りん・こまち・かれん(賢い組)

 バカ組二人がオタカさん=理事長という図式の解釈に時間がかかってるのが面白かった。のぞみだけと思わせておいて、時間差でうららも。のぞうらが頭弱い子で無駄にシンクロ。世間の人気、商品売り上げはおバカさん組の方が高いという不思議。時代はおバカさんを求めてる。

●巻き付き攻撃からの脱出法

 今回のコワイナーはだいぶキショイ感じだったんですが、5人の気合いでぶち破るのかと思ったら、4人で1人だけ自由に動ける隙間を作ってドリームだけジャンプさせるという攻略法だったのが面白かった。そこからライダーキックするドリームも燃え。そしてプリキュアクリスタルシュートのバンクはいつ見てもカッコいい。放つ前にダンスを踊るみたいな感じで舞が入るのがステキ。歴代必殺技バンクで一番好きかも。

 ◇

 ブンビーさんのプリキュア側移動フラグは結構来てるんだけどなぁ。もう話数が終盤です。今回も、エラい人はブランドだから隠れてるのがイイし、会いたいとも思わないというカワリーノさん筆頭のナイトメアの考え方と、エラい人ともちゃんと会ってお話したい、結果としてはいつもお話ししていたというプリキュア側の考え方との対決だったわけだけど、ブンビーさんは会いたいと思ってた側の人なんだよなぁ。

 ↓にて、『プリキュア』に関する感想などの関連コメント、トラックバックもお待ちしております。節度を守った上でお気軽にどうぞ。

→DVD

Yes!プリキュア5 Vol.1
Yes!プリキュア5 Vol.2
Yes!プリキュア5 Vol.3
Yes!プリキュア5 Vol.4
Yes!プリキュア5(5)
Yes!プリキュア5(6)

→DSゲーム

Yes! プリキュア5

前回第39話「恐怖!デスパライア現る」の感想へ
次回第41話「伝わる気持ち こまちとうらら」の感想へ
Yes!プリキュア5感想のインデックスへ