『真夜中のクワドラブル』

 このブログを作ってからもうすぐ4年になります。

 母親が倒れて生活環境の激変を迫られていた僕は心身共に病状にあり、刺激が強いジャンプもSFもミステリも読めなくなっていた。でも、何故かプリキュアとコバルト文庫、少女漫画だけは読める、これは一体どういうことかと不思議に思いながら、他に選択肢もなく作ったブログでした。

 しかし、そこで少女創作というコンセプトに気付いて以来、いつか自分で少女漫画を描き始めるというのは必然だったのかもしれません。

 これは少女漫画と呼ぶにはどーかというお話ですが、絶対に、このブログの読者さんだったら気に入ってくれると、私、信じてる!(これは、初期ブッキーさん的なニュアンスで!)