「私は太陽マンとのツーショット写真」(黄瀬やよい)

 スマイルプリキュア!第40話「熱血!あかねの宝さがし人生!!」の感想です。
 ◇

 今回の見所ベスト1。


第1位:過程で残るもの

 日野さんの個別テーマ、結果として勝てないとしても、頑張ること、過程で頑張ることには意味がある、について。では、具体的に過程で頑張ったことで残るものは何なのかという点に、「人と人との関係性」というのを明示した、まとめの回だと思いました。確かに過程でいい加減になったり、対象をずさんに扱ったりしていたら、その活動を通しての良い人間関係も残らないよなと思ったので、かなり納得。今話も結果としては人形も壊されてしまったので、勝ててない、結果だけ見るとある意味バッドエンドなんだけど、この話数まで共に頑張ってきた仲間たちとの関係性が消える訳ではないので、その点でハッピーは別に敗北してない。各個別テーマがおそらく「スマイルに必要なもの」になってるのですが、これは本当だよなぁ。

 序盤で、日野さんが今はまだ私たちの間に強い絆とかはないんだけど、これから深まっていく予定、みたいなことを言っていたのが懐かしい。第2話は一人で結果を志向して孤独トレーニングしてる所に、みゆきさんがやってくる話だったのも良い。それから40話あまりを経た日野さんの最後の戦いは、勝利という結果というよりは、そういう出会いから始まり大切な過程を一緒に過ごしてきた、ハッピー(みゆきさん)を守るため、というものでした。お守りを作るくだりとか、みんな優しすぎて泣ける。またみゆきさんの破壊力が今話は高く、こんな娘なら守りたいとも思うだろうな、という妙な説得力もあったのでした。

 ロイヤルクロックがあと四回で12時になり、前回から冒頭の変身順での個別まとめ回が続く可能性が高く、幹部が一人一人最終戦をやる、という展開。クロックの最後の一回は何か終盤イベント関係として、このまま進んでいくと、やっぱりジョーカーさんVS青木さんになりそうだよな。永遠の怠惰でよいVSやがて終わるメルヘンだからこそ美しさを求道。剣劇対決にもなって、熱そうです。

→色々

スマイルプリキュア!ボーカルベスト

スマイルプリキュア!  【Blu-ray】Vol.2
スマイルプリキュア! 【Blu-ray】Vol.2

『映画スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!』の感想はこちら

→前回:スマイルプリキュア!第39話「どうなっちゃうの!?みゆきのはちゃめちゃシンデレラ!!」感想へ
→次回:スマイルプリキュア!第41話「私がマンガ家!?やよいがえがく将来の夢!!」の感想へ
スマイルプリキュア!感想の目次へ