The Girlls Fiction Fan Blog(GFFB)-少女創作ファンブログ-

Precure(Pretty Cure) Reviews,and The Original Girlls Fiction Illustration(Manga).
【プリキュアシリーズの感想や、少女小説の感想など。】

マリア様がみてる/小説感想

マリア様がみてる ハローグッバイ/感想/今野緒雪/コバルト文庫

ブログネタ
マリア様がみてる に参加中!
マリア様がみてる―ハローグッバイ (コバルト文庫)  「ごきげんよう」

 以下、『マリア様がみてる』祐巳・祥子編最終巻『ハローグッバイ』の、ネタバレ感想です。続きを読む

マリア様がみてる 卒業前小景/感想/今野緒雪/コバルト文庫

ブログネタ
マリア様がみてる に参加中!
マリア様がみてる卒業前小景 (コバルト文庫 こ 7-59)  そこにあったのは、菓子パンなどではなかった。
 藻音の真剣な顔が、鉛筆でモノクロームに描かれていた。


 以下、『マリア様がみてる』新刊『卒業前小景』の、ネタバレ感想です。続きを読む

お釈迦様もみてる 紅か白か/感想/今野緒雪/コバルト文庫

ブログネタ
マリア様がみてる に参加中!
 「俺さ。姉(きょうだい)がいて良かったって、久々に思った」(福沢祐麒)

 本日発売の、『マリア様がみてる』シリーズの姉弟作品、『お釈迦様もみてる 紅か白か』のネタバレ感想です。続きを読む

マリア様がみてる マーガレットにリボン/感想/今野緒雪/コバルト文庫

ブログネタ
マリア様がみてる に参加中!
 僕は、天国と極楽は同じ場所だと信じられた。そこは、宗教なんて区別のない世界でなければならなかった。

 以下、『マリア様がみてる』新刊『マーガレットにリボン』の、相変わらずの長い(笑)ネタバレ感想です。続きを読む

マリア様がみてる キラキラまわる/感想/今野緒雪/コバルト文庫

ブログネタ
マリア様がみてる に参加中!
 「じゃ、お菓子を買って下さい」(福沢祐巳)

 以下、『マリア様がみてる』新刊『キラキラまわる』の、相変わらずの長い(笑)ネタバレ感想です。続きを読む

マリア様がみてる 薔薇の花かんむり/感想/今野緒雪/コバルト文庫

ブログネタ
マリア様がみてる に参加中!
 「愛情を計れる機械なんて、ない方がいいのよね」(高城典)

 以下、『マリア様がみてる』新刊『薔薇の花かんむり』の、相変わらずの長い(笑)ネタバレ感想です。続きを読む

マリア様がみてる フレームオブマインド/感想/今野緒雪/コバルト文庫

ブログネタ
マリア様がみてる に参加中!
 それは、私が『タケシマツタコ』ではない、からだ。

 以下、『マリア様がみてる』新刊『フレームオブマインド』の、相変わらずの長い(笑)ネタバレ感想です。続きを読む

マリア様がみてる あなたを探しに/感想/今野緒雪/コバルト文庫

ブログネタ
マリア様がみてる に参加中!
マリア様がみてるあなたを探しに  寄りかかった扉が、ガタンゴトンと揺れている。ガラスの向こう側で、景色が走る。<中略>この旅の目的地で待っているのは、きっと瞳子ちゃんの心なのだ。

 以下、『マリア様がみてる』新刊『あなたを探しに』の、相変わらずの長い(笑)ネタバレ感想です。続きを読む

マリア様がみてる クリスクロス/感想/今野緒雪/コバルト文庫

ブログネタ
マリア様がみてる に参加中!
 瞳子はシャーペンで、地図の一部に×印をつけた。

 1年前刊行の『未来の白地図』に対応した、今度は地図に×印(クリスクロス)をつけるというお話。その視点から読んでいくと、相変わらず惚れ惚れします。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる 大きな扉 小さな鍵』/感想/コバルト文庫

ブログネタ
マリア様がみてる に参加中!
 『未来の白地図』以降の近刊が「出題編」だったのに対して、今回は「解答編」です。前巻までと視点キャラを切り替えるという、ミステリの「解答編」さながらの形式の本当ガチの解答編。「くもりガラス」「仮面」「扉」。近刊のサブタイは全て同じものを指していたと思いますが、いよいよ「くもりガラス」の向こう側が、「仮面」の中が、「扉」の向こう側が明かされます。というわけで今回の視点キャラは勿論……
 以下、「続きを読む」で、相変わらずの長い(笑)ネタバレ感想です。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる 仮面のアクトレス』/感想/コバルト文庫

ブログネタ
マリア様がみてる に参加中!
 ここ数巻は毎回最後の数ページになってサブタイの意味が明かされるんですが、今回もそんな感じです。サブタイと本筋との絡め方とか、数本のテーマが絡み合いながら同時進行とか、「黄薔薇、真剣勝負」のラスト2行とか、全体的に、お、緒雪先生おそるべし!という一冊でした。
 以下、「続きを読む」で、相変わらずの長い(笑)ネタバレ感想です。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる くもりガラスの向こう側』/感想/コバルト文庫

ブログネタ
マリア様がみてる好きさん に参加中!
 ここ数巻特に顕著な、サブタイトルを1冊の主題に絡める技が今回も巧な最新刊です。マリみてのメイン物語である祐巳物語の進展部分だけじゃなく、細かいコメディパートでも大技炸裂で楽しめた200P弱でした。
 以下、「続きを読む」で、相変わらずの長い(笑)ネタバレ感想です。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる 未来の白地図』/感想/コバルト文庫

 長いです。本当マリみて好きだよ、自分。

 Q1.サブタイトル「未来の白地図」の意味は?
 好きなようにいろいろなものを描きこめる白地図。リリアンの生徒の、無限の可能性のある未来を、白地図に例えてます。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる 薔薇のミルフィーユ』/感想/コバルト文庫

 主要登場人物紹介から可南子がいなくなりました。前巻の「マリア様の星」で完全に可南子という登場人物に関しては帰結をつけたということなんでしょうね。マリア様の星、文芸度が高いステキな帰結でした。一生使っていけそうなギミックも授けてくれました。イメージが違う云々の話になるたびに、「その僕は火星に行ったと思って下さい」……というように使っていきたいと思います。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる 妹オーディション』/感想/コバルト文庫

 「たぶん、幻想だったんじゃありませんか 薔薇さまとかつぼみとか。ただ、憧ればかりが先行して。少しでも近づきたい、彼女たちはそう願っていたんだと思います。側にいれば、きっと素敵なことばかり起こる。そんな幻想を抱いていた。でも、現実にはそんなことないですもの」(乃梨子)

 以前僕が考えたマリみてにおける関係性の発展段階表を再掲すると……続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる イン ライブラリー』/感想/コバルト文庫

 12月25日発売の新作は、続・バラエティギフトとでもいうような短編集。「図書館」をキーワードにした短編5連。趣味が読書という関係上、図書館にも色々と思い入れがある一読者としては、思わずニヤけさせられてしまう短編集でした。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる 特別でないただの一日』/感想/コバルト文庫

 精神的にきつい時に読んだので、一字一句が胸に染みました。癒されました。一文一文かみしめて読みました。読むだけで心が楽になっていくことがあります。文芸っていうのは素晴らしいです。続きを読む

マリア様がみてる17冊一気読了完了まとめ

 というわけで、『マリア様がみてる』既刊17冊の一気読みを完遂したんで、ここまで読んでのまとめ感想などを。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる チャオ ソレッラ!』/感想/コバルト文庫

 今まで自分たちが知り得なかった世界を知り、まずは受け入れてみる。それは難しいことだけれど、とても大切なことなんだって思えてきたから。

 マリみてがイライラせずに読めるのは主人公のこういった姿勢によるところが大きいです。僕は随分とマリみては相互理解の話だなぁということを言ってますけど、この辺りの姿勢が相互理解の基本かと。自分と異なる考え、価値観、大きく言えば異なる世界の存在を認めることができるかどうかが初歩の初歩だけど最も基本。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる バラエティギフト』/感想/コバルト文庫

 雑誌に短編で書き下ろされたモノを単行本用に再構成したものの模様。なんで、いつもと大分かってが違う感じ。主要メンバーほとんど出てこないし。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる レディ、GO!』/感想/コバルト文庫

 けれど、志摩子さんはいつでも祐巳の二歩も三歩も先を歩いていて、とてもじゃないが容易に追いつけそうもないのだった。

 当の志摩子さんが余裕で籠娘になって由乃さんに追いかけられたり、流されて藤娘になってたりするのが熱い。ノリノリで借り物競走に参加してるのが熱い。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる 涼風さつさつ』/感想/コバルト文庫

 「あの、双子でいらっしゃるんですか」

 恐る恐る由乃さんが尋ねた。

 「そうです」
 「そうです」


 爆 笑 。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる 真夏の一ページ』/感想/コバルト文庫

 娯 楽 三 編 。

 何か目的のために頑張って頑張って、それを達成した充実感とか、心に負の部分があって、物語が転がって転がった上で浄化されるカタルシスとか、そういうのが微塵もないまったくの脱力娯楽編を三編収録。

 だ が そ れ が イ イ 。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる 子羊たちの休暇』/感想/コバルト文庫

 「この場をぶっ壊してやろうか」(柏木)

 何だよー、柏木イイ奴じゃんかよー。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる パラソルをさして』/感想/コバルト文庫

 「がんばりなさい。紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブウトン)」(青田先生)

 す ば ら し い 。

 というワケで、昨日の前巻感想で書いた、「ボロボロの祐巳を立ち直らせる役割を担うのは誰なのか?」という問いの解答は、ズバリ「傘」。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる レイニーブルー』/感想/コバルト文庫

 「私、一つ解決方法知っている」(乃梨子)

 乃梨子はこんな高一はいないだろうというほど完成されています。色々なことが「分かってる」ポジションから、志摩子さんを救っちゃったりしています。とりわけ有能で、かつ余裕も持ってるってことで、僕的に作中で一番こういう立ち位置に立ちたいと思えるキャラかなぁ。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる チェリーブロッサム』/感想/コバルト文庫

 「今度、一緒に仏像でも観にいきましょうか」(志摩子)

 昨日、前巻の感想で志摩子さんの伏線がどうのと書いたばかりでしたが、今巻がまる1巻かけての志摩子さんの伏線消化話でした。というか、小説版の1巻にあたる「マリア様がみてる」よりも、この話の方が先に読み切りの形で雑誌掲載されたものだったんですね。志摩子さんの事情の伏線、タイムリーに雑誌から追いかけてる読者にしてみれば既読の事実だったワケですか。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる いとしき歳月』(前編)(後編)/感想/コバルト文庫

 志摩子さんはいつか、卒業という形ではなくリリアンを離れる気かもしれない。離れたいんじゃなくて、離れなければならない事態がいずれ起こりうる。そんな覚悟のようなものが、以前から何度も見え隠れしていた。

 作中重要イベントの薔薇様卒業話ですが、僕的には志摩子さんが気になる。栞さん、蟹名静などと対比されながら、とにかく志摩子さんはいずれ消えてしまう運命にあるような伏線が張られています。そして聖からロザリオを受け取る時の何か「事情」を言いかける描写。果たして志摩子さんが抱えてる事情とは何なのか、作中の暗示です。僕的に、志摩子さんのこの話はじっくりとやって欲しい。消えゆく志摩子さんに祐巳らはどう関わるかみたいな。大きい話でかつテーマとかもあってイイ話になりそうなんで。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる ウァレンティーヌスの贈り物』(前編)(後編)/感想/コバルト文庫

 「志摩子が思ってるいるより、ずっとこの世界は生きやすい場所なんだって」(白薔薇さま)

 志 摩 子 さ ん は い い な ぁ 。(挨拶)

 読者が感情移入する用の無標のキャラとしては主人公の祐巳が設定されていると思うんですけど、僕的には志摩子さん。集団から一歩離れ気味なところに何となく自分の高校時代を重ね合わせてしまってハァハァします。ハァハァするなよ。続きを読む

今野緒雪『マリア様がみてる ロサ・カニーナ』/感想/コバルト文庫

 「いいのよ、祐巳さん」

 志摩子さんはニッコリ笑っていた。

 「あのね。今のお姉様の言葉ね、私には最大級の励ましの言葉なの」(志摩子)


 この場面やヨシ。白薔薇さまの言葉が祐巳と志摩子さんで真逆に響いてるのがカッコいい。1巻から所々に散りばめられていた白薔薇さま−志摩子さんの関係の謎を解き明かす一場面です。白薔薇さまが何故志摩子さんを妹にしたのか、志摩子さんは祥子さまの誘いを蹴ってまで何故それを受けたのか、この先もうちょっと明確に語られることあるのかなぁ。このシーンだけで十分説明してるような気もするんですが。続きを読む
最近の小説活動

61273005_p0
(イラスト:馬の助さん/ブログTwitterPixiv

 歴史建造物擬人化×能力バトル×幼馴染→新・本格物語

 S市(仙台)が舞台のオリジナル小説『非幸福者同盟』をWEB連載中。

 2017年3月25日(土)、最新・第246節(第243節)「過去編――二〇〇三年〜仮初の少女」を更新です。

「カクヨム」様で読む。

「小説家になろう」様で読む。

 合計37000PV達成感謝。  イントロダクション&登場人物紹介はこちらの記事から。

 ◇◇◇

aibasshi

 より豊かに、継続的に作品を提供していくために、Entyさん経由でパトロン(という名の月額少額支援者)になって頂けたら喜びます。

「Enty」TOPページ

「Enty」への登録はこちらから。

相羽のページ「S市(仙台市)小説シリーズ」/Entyはこちらから。

 ◇◇◇


 <NEW>仙台(S市)が舞台の小説シリーズの前作『妹の紋章』。Kindle電子書籍版が2014年8月12日より販売開始中です。「妹萌え×地域復興×バトル」の物語。WEB版は最終的に40000PV、5700ユニークアクセス感謝でした。詳しくはこちらのブログ記事より。
 Amazonさんのサイトからアプリをダウンロードして、各種スマートフォンで読んで頂けます。

追記:2014年8月12日、Kindleストアカテゴリランキング「読み物」3位、「日本文学」94位感謝! 新記録で地味に嬉しい……。

 ◇◇◇

dicapreantholo

 2015年10月4日(日)「レインボーフレーバー13」合わせで制作されたTJさん(ブログ)主催のプリキュアシリーズ十世代記念アンソロ『PRECURE 10TH ANTHOLOGY ディケイド&オールプリキュア ANTHOLOGY大戦』に小説を2P寄稿(僕は『スマイルの世界』担当!)。特設サイトはこちらをよろしくです。

ブログメニュー
月別過去ログ
リンクありがとうございます

最新のトラックバック
少女創作リンク集

●コバルト文庫、雑誌Cobalt(コバルト)の公式ホームページ
WEBコバルト
●アニメ版『マリア様がみてる』のオフィシャルホームページ
メイン
『マリア様がみてる 春』
『マリア様がみてる』
●福沢祐巳役、植田佳奈さんのオフィシャルホームページ
K's Laboratory
●島津由乃役、池澤春菜さんの本人ホームページ
HA*LUNApark
●鳥居江利子役、生天目仁美さんの本人ホームページ
なばんち
●二条乃梨子役、清水香里さんのオフィシャルホームページ
kaory club
●細川可南子役、というか『明日のナージャ』のナージャ役の小清水亜美さんの公式ホームページ
Koshimizu Ami Official Homepage
●イラストレーターひびき玲音さんの本人ホームページ
Russian Blue
●プリキュアシリーズオフィシャルホームページ
テレビ朝日
Yes!プリキュア5GoGo!@東映
東映@Yes!プリキュア5
東映@スプラッシュスター
東映@マックスハート
東映@無印
映画Yes!プリキュア5
映画ふたりはプリキュアマックスハート
●夢原のぞみ役、三瓶由布子さんのブログ
三瓶由布子公式ブログ『ゆう小箱』
●夏木りん役、竹内順子さんのブログ
竹内順子オフィシャルブログ「BOMBOOKID LIFE〜竹の子生活〜」
●春日野うらら役、伊瀬茉莉也さんのブログ
まりやのブログ
●ミルク役、仙台エリさんのWEBサイト
仙台エリWEB!
●日向咲役、樹元オリエさんのブログ
ペンギン役者のブログ
●美翔舞役、榎本温子さんのオフィシャルホームページ
〜Chelsea〜
●美墨なぎさ役、本名陽子さんのブログ
ほんなのほんね
●プリキュアテーマ曲でお馴染みの五條真由美さんのオフィシャルホームページ
Mayumi Gojo Official Website
●Yes!プリキュア5主題歌を歌っておられる工藤真由さんのブログ
工藤真由@BJ Girls
●スプラッシュスター主題歌を歌っておられるうちやえゆかさんのオフィシャルホームページ
うちやえ ゆか OFFICIAL SITE
●明日のナージャ公式サイト
明日のナージャ公式サイト
●おジャ魔女どれみのオフィシャルポータルサイト
おジャ魔女どれみポータル

Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
その他
少女創作ファンブログへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

管理人のlivedoorプロフィール
相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはこちらに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼他、メールフォームかWEB拍手でもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム
▼ちなみに
→リンクはTOPページ個別ページ問わずにフリーです。

創作活動

▼フリー公開中
●プリキュアシリーズの二次創作小説はこちら↓
こまち×かれんSS
のぞみ×舞SS
のぞみ×うららSS
ドーナツ国王×りんSS
●オリジナルの小説・漫画などのホームページはこちら↓
創作活動のHP「Language×Language」 ●発行している同人誌を通販されたい方はこちら↓
通販ページへ
●Amazonさんで売っているものはこちら↓

 「一時在庫切れ」表示になっていることが多いかと思いますが、
 注文自体は可能でして、注文確認後適宜在庫を補充しつつ、
 一週間〜くらいで発送になるかと思います。
 この機会に是非(^_^;

AmazonさんのKindleストアで電子書籍の販売をしております

●10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!

――ある理想と現実の境界領域における少女性の試論。


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちら。

メールマガジン発行しております

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 アマチュアとプロの境界がボンヤリしてきた今日この頃ですが、個人でも楽しくモノ作りをしながらしっかり稼いでいる方法が読めば分かります(^^)

  • ライブドアブログ