プリキュアの感想ブログ―The Girlls Fiction Fan Blog(GFFB)

Precure(Pretty Cure) Reviews,and The Original Girlls Fiction Illustration(Manga).
【プリキュアシリーズの感想や、少女小説・少女漫画の感想など。】 (旧「少女創作ファンブログ」)

プリキュア雑記

『世界制服作戦 ふたりはプリキュア 雪城ほのか』が予約開始

 『世界制服作戦 ふたりはプリキュア 雪城ほのか』が予約開始です。

 これは良い雪城さんフィギュア。



当ブログの『ふたりはプリキュアMaxHeart』の感想はこちら
当ブログの『ふたりはプリキュア』の感想はこちら
『映画プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』の感想はこちら

映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち・Blu-ray&DVDが発売

 『映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち』のBlu-ray&DVDが7月25日に発売。

 Amazonさん組など、そろそろ届いてる方もいるようなので、映画館で観た当時の感想を改めて張っておきます。↓


映画プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち/感想(ネタバレ注意)




プリキュア雑記(2014年5月15日"平成プリキュア対キュアエコー プリキュア大戦")

 TJさん(ブログ)の新刊同人誌『平成プリキュア対キュアエコー プリキュア大戦(こちらの記事参考)』がめがっさ面白かったですとこの場で報告。

 相変わらずメタメタフィクションくらいになってる感じで、構成とかお話作りとか上手い。

 そういう所はしっかりさせた上でボケ倒し、女の子の服を脱がす。

 く、エンタメというものを分かってる!

 現在通販受付中の模様で、こちらの記事よりどうぞ。

 BOOTHさん(Pixivと提携してる決済・ショップ運営サービス)使ってるので、便乗で僕がBOOTHで売ってる同人誌も売れたりしないかな(え)。

映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち・Blu-ray&DVDが予約開始

ブログネタ
ハピネスチャージプリキュア! に参加中!
 『映画プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち』のBlu-ray&DVDが予約開始です。







 劇場で観てきた時の感想はこちら。良い映画でした。

上北ふたご先生版コミックス『ドキドキ!プリキュア』が予約開始

 プリキュアシリーズのコミックス版といえば『なかよし』掲載の上北ふたご先生版。

 ここ最近は掲載されたムックが年二回にわけて刊行という形だったのですが(コミックスで刊行されていたSplash☆Star以前や、ムックの一部がプレミア化してるのでも有名)、『ドキドキ!プリキュア』からはまたコミックス単行本が刊行されるのですね。

 タイムリー掲載時もマナりつヤバい、などの方向で話題だった作品。まとめて読めるのは嬉しい。



 ◇◇◇

 『川村敏江 東映アニメーションプリキュアワークス』もそろそろ発売。編集部のTwitterには、カバー下の表紙イラストもチラっと投稿されております(こちら)。久々の変身前夢原さん!


ドキドキ!プリキュア オフィシャルコンプリートブックが予約開始

 『ドキドキ!プリキュア オフィシャルコンプリートブック』が予約開始です。

 去年、『スマイルプリキュア!』でも出ていたやつですね。



 去年のスマイルのやつは、カレンダー絵などを含めて版権絵がカラーでたくさん収録&制作陣インタビューが充実だったので、そこから判断すると今年のもお勧めです。



 みゆきさんに過去に孤独だった要素を加えたのはシリーズ構成の米村正二さん、とか、深く味わいたいタイプの視聴者には重要情報が去年のスマイルのコンプリートファンブックには、けっこう載っていたのでした。

プリキュア10周年公式アニバーサリーブックが予約開始

 『プリキュア10周年公式アニバーサリーブック』が予約開始。

 声優さんたちからのコメントや、雰囲気的に『プリキュアオールスターズNS3永遠のともだち』合わせな感じといい、『プリキュアぴあ』の、「あれから3年版」という印象を今の所抱いております。


映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス!/Blu-ray&DVDが予約開始

 『映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス!』のBlu-ray&DVDが予約開始です。





 今回も「Amazon限定絵柄差し替えジャケット付」版もあり。



 僕の映画の感想はこちら

 良い映画でした。

プリキュア雑記(2014年1月5日)

 今年もよろしくお願いいたします。と、こちらのブログでも挨拶。


ハピネスチャージプリキュア!(朝日放送公式)

ハピネスチャージプリキュア!(東映公式)


 次期作品『ハピネスチャージプリキュア!』の情報が色々と公開開始中。

 色々とテーマ性なりコンセプトなりが受け継がれつつ発展してるのがプリキュアシリーズの特徴だと思うのですが、11作目ということで一新感を押していくのか、繋がってる感を押していくのかは気になる所。

 なのだけど、続きを読む

プリキュア雑記(2013年12月17日)

 TJさん(ブログ)の新刊の「ドキドキ!×ディケイド」本ヤバ面白かったーですよ。

 こ、これは……『仮面ライダーディケイド』と『ドキドキ!プリキュア』本編のテーマ、コンセプトを咀嚼しきって生かしながら、グっとくる話に構築してきている。10年という分断された時間で、途切れないものもあるのです!

 そして、そこかしこのカットで笑える(え)。決めポーズの響鬼さんとか、イイね!

 自家通販中の模様なので張っておいてみる。↓

「DOKI×DCD」通販はじめます・2013末/真・南海大決戦


 ◇◇◇

 知る人ぞ知る、榎本温子さんら『ふたりはプリキュアSplashStar』組が時々、メインストリームの理からは逃れた徒党のごとく開催しておられる「TEUCHIライブ」、行ってきたoriさんが、TEUCHITシャツを着た美翔さんという絵をTwitterで描かれていたので張っておいてみる。↓

テウチのクリスマスライブに行ってきました。/プリキュア

 わお、榎本さんご本人からもリプ貰ってたりして、oriさんは時々僕の作品の二次創作絵も描いて下さったり(紙版の『終末の週末』のこれとか凄いですよ)してくれていた方なので何か僕も嬉しい。

プリキュア雑記(2013年12月5日)

 「もう上げてもいいよと言われてたんで上げてみます。」たる、TJさんの育代さんアンソロゲスト原稿。↓


星空育代アンソロ・ゲストページ/Pixiv


 小一時間問い詰めたくなっても、大人な僕は無言でツイートをRTするのみだった……。

 そんな、着る毛布と電気毛布で作業環境を整えている(着る毛布イイな……)TJさんの新刊が12月8日(日)のイベント「レインボーフレーバー9」で頒布されるとのことなので軽く宣伝。


“レインボーフレーバー9”おしながきのダイレクトマーケティング!/真・南海大決戦


 TJさんの前作「鍋プリBOOK」は今年読んだ神漫画の一角だったので、今回も応援。続きを読む

プリキュア雑記(2013年11月29日)

 最初にプリキュアの話題じゃないですが、11月14日のひびき玲音先生のTwitterより、「本日の納品にてコバルトシリーズで描かせていただいていた「マリア様がみてる」〜「お釈迦様もみてる」までの単行本のお仕事が一区切りとなりました。15年間ありがとうございました。」とのこと。ツイートで祐巳のイラストをアップされております。

 特に2000年代中盤〜後半頃に、このブログ、というか僕本人にとってとても大切だった作品。何気ない台詞、何気ないシーンが糧になってる作品。若輩なりに今野緒雪先生の文体の研究とかまでしてましたね。

 三年次の祐巳たちの物語が描かれる可能性があるのかは分からないけれど、『ハローグッバイ』で美しく完結してる作品でもありますからね。

 僕が書いていた「ハローグッバイ」までの『マリア様がみてる』全巻感想はこちらのカテゴリになります。

 未読の方には今からでも全然読んでほしい作品。全部読もうと構えると長いですが、三冊目の「いばらの森」まででも読んでみると、ほわー、白薔薇姉妹! みたいな感じでハマれるんじゃないかな。



 ◇◇◇

 そしてプリキュア話題。いよいよ来年度のプリキュア新シリーズがタイトル発表。続きを読む

プリキュア雑記(2013年9月24日)

 連日書いてる『ドキドキ!プリキュア』雑記。今日は短めにいきたい。

 昨日の文章では『プリキュア5GoGo!』の方の夢原さんに触れたけど、今日はどちらかというと無印『プリキュア5』の方の夢原さん。

 第32話、第33話って、『プリキュア5』が相性ばっちりだけどバラバラゆえに個々人の「夢」に主に焦点があたってたのに対して、『ドキドキ!プリキュア』は「共有体験としての夢」なのかな、と。スイート理論+夢原理論、ハイブリッド。

 第32話ラストの後夜祭のシーンに象徴されるような、「リンクによる愛やリソースの相互伝導」によって掴み取る、楽しい未来、愛ある世界。第31話はそんな夢を共有できる、そのためになら一緒に戦っていけるっていう亜久里の語りで締めだし、第33話はありすは元からマナと共有してる人だった、というエピソード。具体的な職業とかはバラバラに目指していくのだろうけど、大きい何かを今回のプリキュアさんたちは未来像として共有してる。

 その流れで、秋の映画には夢原さんワードでもある「希望」が入ってるのかな、とか。

 ◇◇◇

 くどまゆさん独立。


GoMyWay!☆【重大なお知らせあり】/工藤真由オフィシャルブログ「Going MAYU Way」


 僕なんぞも形態としてはずっと独立で働いてる人なので、地味に応援。続きを読む

プリキュア雑記(2013年9月23日"『幸せの王子』バッドエンドからの分岐条件と物語終盤の打倒対象")

 ここ数話で『ドキドキ!プリキュア』が「リンクによる愛やリソースの伝導の双方向化で『幸福の王子』バッドエンド(王子は一方的に宝石を渡して回っただけで街の人達には伝わってなく、本人は溶鉱炉行き、残ったのは街の人達の自己中心的な喧騒)を回避する」物語だというのが見えてきた気がしてここ何回か文章を書いているのだけど、今日はじゃあ『幸福の王子』バッドエンドが示唆されつつ、それを塗り替えるトゥルーエンドを目指すような構造の物語だとして、何が分岐条件なのか、という辺りを書いてみるのです。


1点目

 は、既にこの記事、


プリキュア雑記(2013年9月19日"台座の下のリンク")


 で書いた通り「当事者意識の有無」だと思っていて、劇中のバッドエンド『幸せの王子』解釈が、王子が台座の上から一方的に宝石を配って街の人達を助けていた感じだったのに対して(つまりディスコミュニケーション状態)、マナさんは台座の下の地面を、当事者として人と人の間を行ったり来たり走ってくれる主人公だった、と。続きを読む

プリキュア雑記(2013年9月16日"二階堂くんのポジション")

 番組開始当初から、たいへんキーフレーズっぽいけど謎も多いと言われてきた『ドキドキ!プリキュア』OPの、「君を信じる。ために戦う」のフレーズですが、作品の中核が明らかになってきたここ数話で、僕なりに解釈できるようになってきた感じ。

 やっぱり、『幸福の王子』ネタが絡んでるフレーズなのではないかと。

 幸福の王子に比喩されるマナさんが戦うのは、ドキドキ!では序盤の手紙の伝達を守るためとかから始まって、「リンクを守るため」 なんですが、その戦いがどうして「君を信じる」に繋がるのかと。続きを読む

プリキュア雑記(2013年9月13日)

 公式サイトの次回予告を読んで、明後日の話は凄そうだとフライングでそわそわ。


第32話/朝日放送|ドキドキ!プリキュア|ストーリー


 ついに『幸福の王子』の話を本格的にやるのか。

 そんなに強固な人生の指針もないので、その年のプリキュアのテーマでしばらくの活動方針に想いを馳せてる系の話(去年はメルヘン時間を糧に自身がメルヘンを送る側に回る話だったので、今年の春に小説を一つ完成させた。)。去年の物語にしみじみした後「ラブリンク」を聴くとフツフツと湧いてくるものがあります。この生自体がやがて終わるメルヘンのようなものなのだから、だったら夢とか大切に生きたい、と思ったりしてしまいますもの。

 「ラブリンク」は相田マナソングでもあると思う。「幸せの王子」は自身をすり減らして他人を助けて回った、という前提が解釈として物語に組み込まれている『ドキドキ!プリキュア』ではあるけれど。

 他人を希求してるのはそういう風にしか生きられない相田さんでもあるんだ、と思うとグっとくる。

プリキュア雑記(2013年9月5日/テーマが光り始めるこの時期)

 毎年この時期(秋の映画の前あたり)のプリキュアの「全てが明らかになってくる感」は凄いよなと。

 去年はやがて終わりが来る観覧車(第29話)やカウントダウンを刻むロイヤルクロックが登場してきた(第32話)頃で、『スマイルプリキュア!』が「やがて終わる(終わらせる)メルヘン」という物語なんだということに気づいた頃です。

 日常回的に遊んでばかり、危機感がない、などと感じられた序盤中盤の「?」マークの展開が、仕込みだったと裏返った頃。そういうメルヘン的な時間がいつか終わる。終わらせなきゃならない時がくる。だからそのメルヘン時間を糧に、自分がメルヘン(理想)を体現する存在として立ち上がるんだ、という物語だった。今でも日常回が多くて縦軸の物語が薄いとか終盤急でまとまってないと言う人もいるのだけど、あれ、ピエーロ様襲来的な「メルヘン時間の終わり」が、「唐突に」やってくることに意味がある作劇・構成なんだよね。主題上。そんなメルヘン時間の終わりが来た時に、頼れるものは何なのか、自分たちで考えた末にどうするのか、というラスト三話。続きを読む

プリキュア雑記(2013年9月3日)

 『映画プリキュアオールスターズNS2 こころのともだち』のアニメコミックのKindle電子書籍版が、本日時点で(たぶん)セールで299円。



 『ドキドキ!』さんから特に顕著なスマホ連動で、そこらをきっかけにスマートフォンに替えてみましたという話も聞く昨今。

 僕の場合、特にAmazonのKindleで自分で作成した電子書籍を売って生活費のたしにしていく作戦を練っているので(今年中にはKindle電子書籍第二弾も発売する予定です)、そこからさらに一歩進んで、スマートフォンで電子書籍を読む、というスタイルも少しずつ経験してみて欲しいので軽くこういうきっかけに推してみる。Kindle端末本体を持ってなくても、iOS系、アンドロイド系スマートフォン対応のKindleアプリをAmazonのサイトからダウンロードすれば、Kindle電子書籍ライフは可能なので。

 そしてついでに僕の電子書籍()も買って下さい!(え)続きを読む

Yes!プリキュア5 Blu-rayBOXが予約開始。

 『Yes!プリキュア5』のBlu-rayBOXのVol.1、Vol.2が予約開始。

 夢原さんです。

 懐かしのキービジュアルを見ただけで、「ここから逆襲が始まる」感が半端ない。



プリキュア雑記(2013年6月20日)

・今年の『ドキドキ!プリキュア』の秋の映画のタイトルが東映さんのページで公開。『映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス』。

・最初に思ったのは、本編で描かれてる、他人全員に愛を散布しようとするマナさんに対して、マナさんを独り占めできない側は嫉妬する(六花や真琴の話など)、というような辺りを、「結婚」という「一人の人を愛する」イベントを通して描いてみるのかな、というもの。例年通り、TVシリーズ完結先取りの作品テーマ的収斂編の勢いがタイトル発表だけで伝わってくる……。続きを読む

プリキュア雑記(2013年5月10日)

・突発的にフレッシュプリキュア!を観たくなる衝動に駆られ、当時はPCにHD録画だったフレッシュの第26話を視聴。せつなさんがクローバーに加わる回。ブッキーさんとせつなさんが二人でちょっとだけ踊ってみるあたりが好きで、繰り返し観てる回。ブッキーさん加入時と重ねながら、練習着作ってましたオチでシンクロさせて締める構成もきれい。

・当時のCMも一緒に録画してたので、懐かしむなど。ジャイアンが何故か実は美声の、カラオケウガ!のCMとか懐かしい。またこの頃はガラケーの公式携帯サイトで待受画像アップされたり、桃園さんのボイスが配布された! とかの世界だったのに、今やスマホを夜に起動するとマナさんがあくびしてたりな世界ですよ。世の中少しずつ進んでいるのだとしみじみ。

・TJさんの鍋プリBOOKはヤバいです。元から上手かったけどここ数年で画力もめっちゃ上がってるのですが、その画力をそこに投入するの!? みたいな相変わらずの熱さ。

130510navepure

 通販中の模様なので張っておきます。

 煮豆腐が宙を舞う発想はなかったな……。

映画プリキュアオールスターズNew Stage2・Blu-ray&DVDが予約開始

 『映画プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち』のBlu-ray&DVDが予約開始です。

【Amazon.co.jp限定】映画プリキュアオールスターズNew Stage 2 こころのともだち 特装版(Amazon限定絵柄差し替えジャケット付) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】映画プリキュアオールスターズNew Stage 2 こころのともだち 特装版(Amazon限定絵柄差し替えジャケット付) [Blu-ray] [Blu-ray]

映画プリキュアオールスターズNew Stage2 特装版Blu-ray
映画プリキュアオールスターズNew Stage2 特装版Blu-ray [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】映画プリキュアオールスターズNew Stage 2 こころのともだち 特装版(Amazon限定絵柄差し替えジャケット付) [DVD]
【Amazon.co.jp限定】映画プリキュアオールスターズNew Stage 2 こころのともだち 特装版(Amazon限定絵柄差し替えジャケット付) [DVD] [DVD]

映画プリキュアオールスターズNew Stage2 特装版DVD
映画プリキュアオールスターズNew Stage2 特装版DVD [DVD]

 劇場で観てきた時の感想はこちら。良い映画でした。

おジャ魔女雑記(2013年5月7日)

 ドラマCD付『おジャ魔女どれみ17』。ドラマCDキャストフリートークが講談社ラノベ文庫内の特設ページにて公開中。


『おジャ魔女どれみ16』特設ページ/講談社ラノベ文庫公式サイト


 全員かつてのオリジナルキャストできました。宮原永海さん(ももちゃん役)も本当きました。2003年の2月頃、『明日のナージャ』にバトンタッチする形で『おジャ魔女どれみ』シリーズが終了した時の、伝説の最終回ラジオがあったのですが(千葉さんが泣くやつ)、未だに鮮明に覚えています。10年とか経っても当時のノリで復活してるのがすごい。これはもう、若かりし頃の宍戸さんのおんぷちゃんキャラソンとか取り出してきて聴くしか。WE CAN DO!

おジャ魔女どれみ17 ドラマCD付き限定版 (講談社キャラクターズA) [コミック]

 ◇◇◇

 『ドキドキ!プリキュア』のスマートフォンやiPad用アプリ『ドキドキ!プリキュアさわっておしゃべり』が凄いです(チェックはAppStoreで検索で)。お昼頃起動してみると、マナさんが「今日のお昼ご飯は何かな。楽しみだね。」とか言ってくれ、夜に起動すると眠そうにあくびしたりしています。変身後衣装や他キャラクターなどはばっちり課金コンテンツですが、これ、けっこう収益上がるんじゃないだろうか……。ラジオやCDがまだまだ中核で、ネットはPCから接続時間気にしながら繋いでた頃のおジャ魔女時代と比べると、10年でここまでくるんだなとちょっとしみじみ。

プリキュア雑記(2013年4月22日)

 マナさんの徹底した助っ人属性は、後に色々描かれるかもだけど、基本的にはカッコいい。小さくは部活やら何やらの助っ人で、縦軸の話では真琴と王女様の再リンクのための助っ人で、映画オールスターズNS2での役回りも、基本助っ人。

 ◇◇◇

3Dプリキュアと一緒に写真が撮れる?! 「ドキドキ!プリキュア」公式アプリ登場!!

 プリキュアさんもスマートフォン時代に本格対応開始。

 おそらく、このサービスを開始するタイミングと同期を狙ってるのかと推察するのですが、プリキュア関連電子書籍の先陣として、4月26日より、随時、映画プリキュアのアニメコミックスが、AmazonKindle電子書籍ストアで販売開始されます(Kindle本体じゃなくても、スマートフォンや、iPadなどの他のタブレット端末で、Kindleアプリを入れれば基本的には読めるので)。続きを読む

おはなしブック!&まるごとブック!が今年も予約開始。

 毎年恒例のMook本、『おはなしブック!』&『まるごとブック!』が予約開始です。

 例年通り上北ふたご先生版の漫画が収録とのこと〜。

ドキドキ!プリキュア&スマイルプリキュア! おはなしブック! (講談社 Mook)
ドキドキ!プリキュア&スマイルプリキュア! おはなしブック! (講談社 Mook)

ドキドキ!プリキュア&プリキュアオールスターズ まるごとブック! (講談社 Mook)
ドキドキ!プリキュア&プリキュアオールスターズ まるごとブック! (講談社 Mook)

A Doki Doki! PreCure,Review. Episode1."Coming to the earth's crisis and the last Precure be on. (Chikyu ga dai pinchi! Nokosareta saigo no PreCure)"

The PreCure(Pretty Cure) 10th series "Doki Doki! PreCure"(Official WEB Site), the first episode was broadcasted on first week February in Japan. "Doki Doki" means an onomatopoeic expression that a heart is beating in Japanese.

Symbolically, a heat beating evokes an expectation to dramatic meeting with a new person, a new character, and sometimes a new fairy tale.続きを読む

プリキュア雑記(2013年2月12日)

130212/六花線画 ・この前の六花さん絵の線画。改めて資料用の画像フォルダとかiPadに作ってるうちに気づいたのだけど、まだ髪型の構造を間違えて把握しておりました。一人で準備するのに時間かかりそうな髪の後ろの部分も、性格とシンクロしたキャラクターの味付けだと思うとよくできるよな、と。

・第2話では、多感な女子中学生の大切な夜時間を普通に勉強に使ってる六花さんもツボでした。妙に、やることなくてダンベルで筋トレにいそしんでいたスイートの初期響さんとか思い出してしまっておかしくなった。そうだった、普通に勉強したりしてる中学生もいるはずなのでした。

・青木さん以外明らかに勉強は苦手だったスマイル組とドキドキ組が接触するであろう『映画オールスターズNS2』は本当楽しみ。

・図書館から借りてきた『幸福の王子』は小学館の「世界の名作」のやつで、「わがままな大男」という話もセットで収録されていたので読んでみたんですが、こちらも色々と胸に来るお話でした。ドキドキのジコチューの方の主題とはこちらの話の方がむしろシンクロする感じで、ドキドキは本当にある程度オスカー・ワイルドを要素として取り入れてみてる作品なのかもです。「わがままな大男」の話の最後の方に出てくる謎の「小さな男の子」は宗教的な文脈の上での存在かと思いますが、そう思うと第2話のジコチュー戦の被害を癒す謎の天からの光とか、ある程度イメージとしては想像できる感じかもなと思ったりでした。

幸福の王子・わがままな大男 (小学館世界の名作 10)
幸福の王子・わがままな大男 (小学館世界の名作 10)

プリキュア雑記(2013年2月6日)

・少し遅れ話題ですが福圓さんのTwitterのバトンタッチ写真。生天目さんは僕的には『マリア様がみてる』の江梨子様のイメージが強いです。だいぶ読者さんも入れ替わってると思うのですが、一昔前はここはマリみてファンブログだったので、あの頃WEBラジオで聴いてた生天目さんに再会した感覚。

・大塚監督のTwitterより引用。

----------

スマイルプリキュア!コンプリートファンブック(学研ムック)、なかなか面白く、必携の本になりそうです。出し惜しみしないのがモットーじゃい!3月16日発売予定!お楽しみに!ヽ(・∀・)ノ

----------

 今朝の時点でいきなりAmazonの書籍ランキングトップになってたスマイル力。

スマイルプリキュア! コンプリートファンブック (学研ムック)

・六花さんが可愛いのです。おもむろに眼鏡取り出すところとか。ああ、この娘は学業優秀なんだけど、(勉強し過ぎで)視力を落としてしまってる!? みたいな。おもむろに描きなぐりたい。

落書き/130206

プリキュア雑記(2013年2月5日)

(お昼頃追記)

・『ドキドキ!プリキュア』第1話をしみじみと視聴。愛とリンクがキーワードの作品っぽい。なのだけど、マナさんに既に「一人では全員に愛は分け与えられない」というのが見え隠れしている。そのことに既に気づいてるっぽくて、部活の勧誘全部にOKを返そうとするマナを危なっかしいと連れて行く六花とか(六花にもマナの手をとるシーンがある)、この関係性がよい。

・オープニングの「愛で回るよスリートゥーワン」は、3、2、1の他にも、3 to 1をかけてるような気がする。「トモダチだったら困ってる時は力になりたい。それが普通でしょ」の所で一人だった剣崎さんに、徐々に3人が集まってくるシーンとか。

・主要四人の名字がたぶん、剣(1)、相(2)、四(4)、菱(6、ダイヤモンドの一般的なイメージから)、となってるのだと思うのだけど、冒頭の忙しく行ったり来たりする描写や、分断された場所を繋ぐように行動する第1話の描写から、「相田」には異なる価値観とかの意味の他にも、「間(あいだ)」がかかってるような気がする。

・それはそうとスマイルにはかなり影響を受けていて、僕も改めて創ったり伝える側に回っていけたらなと。メルヘン時間に受け取ったものを今度は守ったり伝える側になって大人になっていく、というテーマがみゆきさんとやよいさんで近いとずっと思ってたのだけど、最終回でみゆきさんが絵本を描き始めて納得。みゆきさんとやよいさんがアート系で共通していたのです。そう思うと、劇中になんかこの二人がそういう方向で共鳴してる描写がけっこうあります。

・とりあえず創る方向では電子書籍第一弾のiPhone、iPadアプリ対応を進めつつ、電子書籍第二弾もポツポツ準備。伝える方向では引き続きまずは英語を強化していこうと思っております。

・あと大塚監督もつぶやいておられた『スマイルプリキュア!』のコンプリートファンブックが予約開始!

スマイルプリキュア! コンプリートファンブック (学研ムック)


前回:第1話「地球が大ピンチ!残された最後のプリキュア!!」の感想へ
次回:第2話「ガーン!キュアハートの正体がバレちゃった!!」の感想へ

プリキュア雑記(2013年2月2日)

 「虚無感」、「自身や世界の無価値感」をどうやって乗り越えていけるのか、というのが特に日本のゼロ年代以降の創作作品のテーマの一つだったと思います。豊かな国に住んでるはずなのに、フと絶望してしまったりで、統計的にも自殺率など高い。どうしよう、という。

 乗り越える試みは僕が把握してる範囲でもいくつかあって、


1.日常の輝きを自覚する。

 『けいおん!(!!)』など。有無を言わさず、今私達が生きてる日常も輝いてるんだという実感のもと、自己重要感や世界の重要感を回復して乗り越える。確かに、『けいおん!(!!)』観てると、ああ、やっぱり日常には意味があるよ、大切だよ、と思ってしまいます。


2.生の一回性を自覚する。

 『ひぐらしのなく頃に(解)』など。いわゆるゼロ年代のループもの作品。ループの中で色んな世界の可能性はあるのかもしれないのを見てきた後で、けれど、私達が生きてるこの人生、この自分が主人公の物語は一回きりなんだ、といわゆる真・ルートに到達して、この一回きりの生の意味を回復する、という。いくつものシミュラークル世界を回った後に、最後に「自分が主人公の物語」に到達する『仮面ライダーディケイド』とかも入れるならここという気がします。


続きを読む
Advertisements

→主題歌CD


→プリコーデドール


 ◇◇◇

→『フレッシュプリキュア!』のBlu-ray発売中


タイムリー放映時の当ブログの感想

 ◇◇◇

DlXVkKaUYAAB8oO

 2018年9月2日(日)「レインボーフレーバー19」にて頒布予定のTJさん(ブログTwitter)主催の平成ファイナルなコンセプトアンソロ『平成プリキュア対昭和ライダー アンソロジー大戦』に小説を2P寄稿(僕は『フレッシュプリキュア!』と『仮面ライダーブラックRX』のクロスオーバーを書きました)しております。詳しくはこちらからよろしくです。また、通販ページはこちらから。

 ◇◇◇

→2014年12月19日発売


当ブログの『マリア様がみてる』感想目次へ

ブログメニュー
月別過去ログ
リンクありがとうございます

Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
その他
少女創作ファンブログへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

管理人のlivedoorプロフィール

相羽@絵を描いたり...

相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはこちらに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼メインで更新してるブログはこちらです

ランゲージダイアリー

▼他、メールフォームかWEB拍手でもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム
▼ちなみに
→リンクはTOPページ個別ページ問わずにフリーです。

創作活動

▼フリー公開中
●プリキュアシリーズの二次創作小説はこちら↓
こまち×かれんSS
のぞみ×舞SS
のぞみ×うららSS
ドーナツ国王×りんSS
●オリジナルの小説・漫画などのホームページはこちら↓
創作活動のHP「Language×Language」 ●発行している同人誌を通販されたい方はこちら↓
通販ページへ
●Amazonさんで売っているものはこちら↓

 「一時在庫切れ」表示になっていることが多いかと思いますが、
 注文自体は可能でして、注文確認後適宜在庫を補充しつつ、
 一週間〜くらいで発送になるかと思います。
 この機会に是非(^_^;

AmazonさんのKindleストアで電子書籍の販売をしております

●10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!

――ある理想と現実の境界領域における少女性の試論。


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちら。

メールマガジン発行しております

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 アマチュアとプロの境界がボンヤリしてきた今日この頃ですが、個人でも楽しくモノ作りをしながらしっかり稼いでいる方法が読めば分かります(^^)

  • ライブドアブログ