The Girlls Fiction Fan Blog(GFFB)-少女創作ファンブログ-

Precure(Pretty Cure) Reviews,and The Original Girlls Fiction Illustration(Manga).
【プリキュアシリーズの感想や、少女小説の感想など。】

少女小説の感想

小説フレッシュプリキュア!/感想(ネタバレ注意)

ブログネタ
フレッシュプリキュア! に参加中!


 前川淳さんによる『小説フレッシュプリキュア!』の感想です。

 ネタバレ注意です。続きを読む

おジャ魔女どれみ16TURNING POINT(第3巻)/感想

ブログネタ
おジャ魔女どれみ16 に参加中!
おジャ魔女どれみ16 TURNING POINT (講談社ラノベ文庫)
おジャ魔女どれみ16 TURNING POINT (講談社ラノベ文庫)

 小説『おジャ魔女どれみ16 TURNING POINT(第3巻)』の感想です。
 ネタバレ注意です。続きを読む

おジャ魔女どれみ16Naive(第2巻)/感想

ブログネタ
おジャ魔女どれみ16 に参加中!
おジャ魔女どれみ16  Naive (講談社ラノベ文庫)
おジャ魔女どれみ16 Naive (講談社ラノベ文庫)

 小説『おジャ魔女どれみ16Naive(第2巻)』の感想です。続きを読む

氷室冴子『雑居時代』の80年代末の隆盛と黄昏と交差と孤独とコメディ

 なんで僕はこんなに氷室冴子さんの『雑居時代』が好きなのだろうと考えたのだけど、おそらく80年代末という時代背景に関係している気がします。続きを読む

おジャ魔女どれみ16/1巻/感想(ネタバレあり)

ブログネタ
おジャ魔女どれみ16 に参加中!
 まだちゃんと感想書いてなかったので、『おジャ魔女どれみ16』、まずは第1巻の感想です。

 イラストからして、馬越嘉彦さん描く16歳おんぷちゃんにノックアウトされる1冊。強力に、ガチャガチャでももちゃんを出すために数千円投入したりしてた、今は無きあの頃の自身の熱量に訴えかけてくる1冊。ぺるーたんぺっとんぱらりらぽん。何故に六人分の呪文を暗記していた。 続きを読む

倉橋数子論/氷室冴子『雑居時代』/書評

ブログネタ
おすすめの本 に参加中!
 「プラトンの名前なんぞ、聞くのもおぞましい。たとえ東大の二次試験で、この問題が出たって、あたしゃ絶対、一文字も書くもんか。」

 倉橋数子は、バリバリの学業エレベーターのトップでありながら、おそらくその本質は極めて「大衆」的なのだ。
 彼女の不幸はその本質的な大衆性でありのままに勝負できるほど、時代(『雑居時代』は1982年刊行)が追いついていなかった点にあるのである。続きを読む

カレン坂高校可憐放送部/感想/ひびき玲音・鈴本紅/コバルト文庫

ブログネタ
カレン坂高校 可憐放送部 に参加中!
 ――オレはこの肝試しの夜のことを、絶対、忘れないと思う。(榊木徹)

 『マリア様がみてる』のイラストレーターのひびき玲音先生が原案、ほのぼの系の表紙といった前情報に安堵し、女の子同士で抱き合ったりしてる第1章……までを読んでほのぼの青春学園小説かーとか思って油断してると、とんでもないことになります。続きを読む

丘の家のミッキー〈4〉行くべきか行かざるべきかの巻/感想/久美沙織/コバルト文庫

ブログネタ
ライトノベル に参加中!
 「このままでいたいのに……みんななんだかどんどん変わっていくでしょう?変わるたびに、何を残して何を切り捨てるのか、決めなくちゃならないみたいなのがいやなんです。自分が捨てられるのもいやだし、比べたくないものを無理に比べて優劣つけるみたいなのが、とても怖いんです……!」(未来)

 この部分の未来の台詞の通り、今巻でスポットがあたるのは、「変化」の是非。何ものも変わらないではいられないという一つの真理に、中学生の少女がどう折り合いをつけるのか。ラスト部分で描かれる未来が得た気づきは、誰もが一度は通るものといった感じです。いやー、青春だ。続きを読む

小池雪「ふわふわの兄貴」第一話〜兄貴登場!〜/感想/Cobalt (コバルト)2006年12月号

ブログネタ
ライトノベル に参加中!
 「よし! お前のアイツに助太刀だ!」

 うん、これはバカな小説だ!(満面の笑みを浮かべながら)
 小池雪さんは2003年コバルトノベル大賞を受賞してデビューした作家さんで、女子高生がパンダの着ぐるみを売りさばくおバカ小説『青空のように君は笑う』が一冊だけ刊行されてる方なんですが、その他は2004年2月号に「KATANAボーイ+TATOOガール」、2004年12月号に「オフロード聖夜」、2005年6月号に「はつ恋アパート」…と、一年に一回くらいマイペースに短編を発表してる僕的に理想の創作スタイルを慣行していらっしゃるお方なんですが……続きを読む

真朝ユヅキ『魔王サマと勇者の私』/感想/コバルト文庫

ブログネタ
ライトノベル に参加中!
 コバルト公式サイトの今回のときめきWEBラジオは15歳でコバルト2005年度ノベル大賞を受賞した真朝ユヅキさん(ちゃん?)が登場。素だ!本当に素の普通の高校生だ!という感じの初々しいトークを披露しております。せっかくなのでコバルト本誌に載った時に読んだ感想をば。続きを読む

久美沙織『丘の家のミッキー〈3〉野の百合は暗くなるまで待てないの巻』/感想/コバルト文庫

ブログネタ
ライトノベル に参加中!
 たった一匹でいいから、あたしの蛍、って思いたい。あたしだけに光ってみせてくれる子だって思いたい。

 今巻は自分にとっての「特別な一人」を探すお話。そんな人が見つかるなんて夢だと、綺麗事だと人は言うかも知れないけれど、それでもバートさんは原節子さんを探し、未来もそれが朱海さんなのか今は分からないけど、いつか自分もとまだ諦めない。全てが最後の「一匹の蛍」探しのエピソードに象徴的にかかってくるのが綺麗。続きを読む

久美沙織『丘の家のミッキー〈2〉かよわさって罪なの?の巻』/感想/コバルト文庫

ブログネタ
ライトノベル に参加中!
 「慣れてる場所にしがみついてるのは、おバカだと思う?」(未来)  

 お嬢様学校からしもじもの学校へと異文化トリップしてきた未来が、今度はアメリカから日本という異文化へとトリップしてきたバートさんと知り合って……みたいなお話。グローバル化が今ほど顕著じゃなかった時代に書かれた少女小説の中に、近年の異文化交流ものの先駆けを見ましたよ。続きを読む

久美沙織『丘の家のミッキー〈1〉お嬢さまはつらいよの巻』/感想/コバルト文庫

ブログネタ
ライトノベル に参加中!
 階段を登りながら、思ったわ。まだミシェールはやめなくてもいいのかもしれない。ミッキーと、未来と、ミシェールと、だんだんひとつにしていけばいいんだわ。

 というわけで通称『丘ミキ』こと『丘の家のミッキー』シリーズに突撃しております。文句なくコバルトの中でも名作にカウントされる、『マリア様がみてる』のルーツ的な女学園もの小説なんですが、これがめちゃめちゃ面白いです。2年前に『マリみて』を初めて手に取った時以来の読書熱沸騰。早く続きを読み進めたいんだけど、もったいないから2、3日に1冊ペースにセーブ!みたいなくらいにもだえ読んでます。 続きを読む

響野夏菜『東京S黄尾探偵団 少女たちは十字架を背負う』/感想/コバルト文庫

ブログネタ
ライトノベル に参加中!
 「三十万円が、パー! あーっ、もうけたお金で渋澤龍彦買おうと思っていたのに――ッ」(藍田花音)

 面白かった。これ、今、キャラクター目当てのファン層をターゲットに深夜アニメ化してもいけるんじゃね?ってくらいキャラがイキイキとしていましたよ。続きを読む

小林深雪『至上最強の恋愛 (Level 2)』/感想/講談社X文庫

ブログネタ
ライトノベル に参加中!
 ホワホワ三姉妹モノ2冊目。
 東大目指して勉強一筋だった長女の美保姉さんが恋してホワリ……みたいなお話。
 どうでもいいけど表紙は腕組み真保&果保。1998年。ストロベリ姉妹は既に存在したッ!続きを読む

マーガレット・サットン『少女探偵ジュディ なぞの美少女』/感想/フォア文庫

ブログネタ
児童書 に参加中!
「もちろん、あの人だってうそはつくでしょう。にいさんだって、あたしだって、うそぐらいつくわ。あたしたち、完全な人間じゃないんですもの」

 やはりミステリというよりは人間関係話が素敵な少女小説的な魅力に満ちた1冊。ジュディ良いよジュディ。探偵役なんだけど普通の女の子なのが良いです。続きを読む

フランシス・エリザ・ホジスン・バーネット『秘密の花園』/感想/新潮文庫

ブログネタ
児童書 に参加中!
秘密の花園 「おまえには、ほしいだけの地面をあげるよ。おまえをみていると、地面や、そこに生えるいろんなものを愛したあるひとのことを思いだすんだ。おまえのほしい『すこしばかりの地面』がみつかったら、おまえはそれを自分のものにして、そこでいろいろなものをそだててみるんだね」

 世界中で読み継がれている名作ここにあり。
 名作たる一番の理由なんだけど、読んでて元気が出るからじゃないかなぁ。作中で人を元気にする不思議な力をコリンが「魔法」と呼びますが、その「魔法」がこの小説にも宿っているかのよう。作中で起こる元気の連鎖に読み手も巻き込まれるかのような作品です。続きを読む

小林深雪『至上最強の恋愛 (Level 1)』/感想/講談社X文庫

ブログネタ
ライトノベル に参加中!
 姉妹モノです。最初はホワホワ!ホワホワ!三姉妹ホワホワ!ホワホワ!って感じだったんですが、終盤に謎が明かされる部分が中々に重くてずーんという感じ。だけど最終的にはその重さも「お姉ちゃん!」ハシッ!みたいな姉妹の絆に回帰して終わってるんで、うん、やっぱりこれは正当派の姉妹モノ小説だ!という一作です。続きを読む

マーガレット・サットン『少女探偵ジュディ』/感想/フォア文庫

ブログネタ
児童書 に参加中!
 「ねえ、パパ。人があきらめていいのは、どんなときだと思う?」

 文庫には原書の情報がほとんどなかったんでちょっと調べてみたんだけど、マーガレット・サットン女史は1932年にシリーズ第1作を発表して以来、アメリカの少女達から絶大な支持を集めたジュディシリーズを38作発表しているとのこと。作中で感じた昔らしさはこのためでした。これも読み継がれてる作品です。世界中で読まれてるジュヴナイル・ミステリーの有名作品といった所でしょうか。確かにこれは安心して子どもに読ませられると思いました。等身大の女の子の心情が巧みに描かれております。70年経って国が違っても少女の悩み、心情なんてそんなに変わらないもんなんだよなーという感じ。今の日本の少女向けアニメ(おジャ魔女とかプリキュアとか)の日常パートにも通じるものがありましたよ。続きを読む

沖原朋美『勿忘草の咲く頃に』/感想/コバルト文庫

ブログネタ
ライトノベル に参加中!
 「あなたはそう考えてきたから、ここまで来ることができたの?」(七瀬)

 清々しく読了。

 両親の離婚がきっかけで母方の故郷に近い「町」に引っ越してきた主人公(少女)。家庭にも町にも違和を感じながら過ごしているんだけど、そんな時に一人の少年と出会い……という、とってもスタンダードな純愛系の少女少女物語。主人公の感じてる違和には結構重い背景があるんだけど、死生観とか存在論とか難しい領域までは踏み込まず、比較的ライトな部分で最終的には消化してるのが読みやすかったです。続きを読む

沖原朋美『桜の下の人魚姫』/感想/コバルト文庫

ブログネタ
ライトノベル に参加中!
 2003年度コバルト読者大賞受賞作。音楽(クラシック)+恋愛話の一編です。 続きを読む

小池雪『青空のように君は笑う〜僕らが起こしたちょっとした奇跡〜』/感想/コバルト文庫

ブログネタ
ライトノベル に参加中!
 「……みんなはそれで大人らしく、乾杯の一つでもして旅立てるのかもしれないけど、わたしは、何一つ実現してないから。このままじゃ終われないっつーの」(岡町環)

 自分が何者かに尊い存在だと信じて、英語の勉強に打ち込むことで周囲と距離を置きながらもアイデンティティを保ってた少女(主人公)が、バイト先の「蟲明電気商会」なる電気店の没落に巻き込まれるうちに自分が何者でも無いことが段々分かってきて、でもそれでも諦められなくて行動を開始する……といったお話。続きを読む

『若草物語』感想

◇原作版小説感想

『若草物語』/著・ルイザ・メイ・オルコット/訳・吉田勝江/感想/角川文庫

◇Amazon若草物語商品

●小説文庫
若草物語〈上〉
若草物語〈下〉
続 若草物語〈上〉
続 若草物語〈下〉
第三若草物語
第四若草物語

●世界名作劇場DVD

●愛の若草物語

愛の若草物語 完結版

愛の若草物語(12)
愛の若草物語(11)
愛の若草物語(10)
愛の若草物語(9)
愛の若草物語(8)
愛の若草物語(7)
愛の若草物語(6)
愛の若草物語(5)
愛の若草物語(4)
愛の若草物語(3)
愛の若草物語(2)

愛の若草物語(1)

●若草物語・ナンとジョー先生

若草物語 ナンとジョー先生 完結版

若草物語 ナンとジョー先生 10
若草物語 ナンとジョー先生 9
若草物語 ナンとジョー先生 8
若草物語 ナンとジョー先生 7
若草物語 ナンとジョー先生 6
若草物語 ナンとジョー先生 5
若草物語 ナンとジョー先生 4
若草物語 ナンとジョー先生 3
若草物語 ナンとジョー先生 2

若草物語 ナンとジョー先生 1

ルイザ・メイ・オルコット『若草物語』/感想/角川文庫


 百年以上も世界中で読み継がれてる名作に今更言うのもなんですが、文句なしの超傑作
 想像以上でした。新年1冊目から今年のベスト1はこれしかないだろうという勢いです(←気が早いです)。これは残る。たぶんもう1世紀経っても読み継がれてると思います。情報過多の時代に混乱しがちだからこそ、一つ普遍的なものが描かれてる「残ってる」古典を読んで自分の「軸」を作っていく栄養にしてみてはと、そんな文脈で忙しい現代人にも立ち止まって読み返してみて欲しい一作。まじ、アニメなんかで漠然と筋だけ知ってるとか、子ども向けにエピソードが抜粋されてる簡易版を子どもの時読んだ……くらいの人は文庫や原本で最初から最後まで一度じっくり読んでみては。僕は久々に心底泣けて感動しましたよ。続きを読む
Advertisements

→第20話(感想)挿入歌「大好き∞無限POWER」収録


→7月11日発売


参考:
▼『映画プリキュアスーパースターズ!』の感想
第1回〜ワンオペ母に手を差し伸べる朝日奈みらいの物語
第2回〜悲しい過去も何とかなる物語
第3回〜「幸福の王子」宇佐美いちかの物語
第4回〜アニミズムとしてのプリキュアシリーズの物語
第5回(最終回)〜過去の思い込みから解放される物語

→HUGっと!キューティーフィギュア


→『フレッシュプリキュア!』のBlu-ray発売中


タイムリー放映時の当ブログの感想

→2014年12月19日発売


当ブログの『マリア様がみてる』感想目次へ

ブログメニュー
月別過去ログ
リンクありがとうございます

Googleでブログ内を検索
Google
Web ブログ内検索
その他
少女創作ファンブログへようこそ
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Advertisements@Google

管理人のlivedoorプロフィール

相羽@絵を描いたり...

相羽へのコンタクト

▼Twitterアドレス(全ブログ兼用)

 http://twitter.com/
sabishirokuma


 短い文章更新件コミュニケーションツールはこちらに移動中です。フォロー歓迎です。また、僕のつぶやきだけまとめてあるページはこちらとなります。

▼メインで更新してるブログはこちらです

ランゲージダイアリー

▼他、メールフォームかWEB拍手でもご連絡頂けます。
WEB拍手
メールフォーム
▼ちなみに
→リンクはTOPページ個別ページ問わずにフリーです。

創作活動

▼フリー公開中
●プリキュアシリーズの二次創作小説はこちら↓
こまち×かれんSS
のぞみ×舞SS
のぞみ×うららSS
ドーナツ国王×りんSS
●オリジナルの小説・漫画などのホームページはこちら↓
創作活動のHP「Language×Language」 ●発行している同人誌を通販されたい方はこちら↓
通販ページへ
●Amazonさんで売っているものはこちら↓

 「一時在庫切れ」表示になっていることが多いかと思いますが、
 注文自体は可能でして、注文確認後適宜在庫を補充しつつ、
 一週間〜くらいで発送になるかと思います。
 この機会に是非(^_^;

AmazonさんのKindleストアで電子書籍の販売をしております

●10月19日(土)、Kindleストア「絵本・児童書 > 読み物」カテゴリで7位感謝!

――ある理想と現実の境界領域における少女性の試論。


 Kindle実機はもちろん、iPhone、iPad、Androidなどの、各種スマートフォンやタブレット端末のKindleアプリ(無料)で読んで頂けますので、ご購入頂けたら幸いです。

 販売開始時の記事はこちら。

メールマガジン発行しております

 まぐまぐさんの方で、300部ほどのメールマガジンを数年間発行させて頂いております。フリーで登録できますので、よかったらどうぞです。

 アマチュアとプロの境界がボンヤリしてきた今日この頃ですが、個人でも楽しくモノ作りをしながらしっかり稼いでいる方法が読めば分かります(^^)

  • ライブドアブログ