ブログネタ
Yes!プリキュア5GoGo! に参加中!
 「ああ、こっちにいる以上、自分の生活費くらいは稼がないとな」(ナッツ)

 Yes!プリキュア5GoGo!第02話「のぞみとココ 悩める再会」の感想です。
 ◇

 生活費稼ぎます宣言をしてナッツハウスを再始動させるナッツに、こっちも前シリーズで強制退職な形になったので新たに生活費を稼ぐべく、再就職の面接にエターナルにやってきたブンビーさん。この辺り、無駄にロバート・キヨサキ氏(「金持ち父さん貧乏父さん」の人)の著作っぽくて泣ける。ナッツは自営業のクワドラントで、ブンビーさんは従業員のクワドラント、このクワドラントの壁は、ちょっとやそっとじゃ越えられないのだと実感。あんだけヒドイ目にあっても、ブンビーさんは再起も従業員。前回でスコルプさんが自分が所属しているのは大きい組織というのを全面に出して個人自由業者のシロップを威嚇してる場面があったので、ブンビーさんを使って2年越しで個人か組織かというお話をやる気な気がする。個人自営業者だったナッツに、今シリーズから個人自由業者のシロップが加わって、個人サイドも強化、一方で、従業員も2年目という経験値で持って、ブンビーさんで組織サイドも強化。

 何気なく、MaxHeartの時も個人自営業でやってたアカネさんと、サラリーマンのアカネさんに惚れてる男の人(名前失念)との交流話で個人でやるかと組織でやるかの話を描いていたりしたので、わりと、これもシリーズに通じるプリキュアスピリット的なお話なのかも。

 ◇

 今回のお話は、男側の心情からわりと理解できて面白かった。ココ的には、立派な国王になって万全の態勢でカッコイイ俺としてのぞみを迎えに行きたかったのに、4人の国王行方不明の失態の末に、また助けて貰らう形でのぞみに再会してしまったのがやるせないという、なんというか好きな娘の前では自分のいい所を見せていたかった男の見栄的な心理。

 それを無条件で、そんなのどうでもいいからココが好きな感じで返してくれるのぞみが神々しく見えた。第1シリーズで形成されたのぞみとココの絆は、そんなことで揺らぐ程度のものではないのは分かり切ってるのに、ココだけある意味情けない男の心理で気にしちゃって、な感じ。人を好きになるっていうのは、のぞみのように本来無償のものなのだとしみじみ。ココのぞ話は今年もイイ感じです。

 そして、そこに残り4人も合流して、前シリーズで培われた絆はまったく損なわれていないことをアピール。で、そういったプリキュア5人&ココナッツの絆を、今季から参入のシロップは今イチ理解できないという構図が技アリだと思った。個人自由業者だから、今イチ仲間の絆というものが理解できていないという。だから、のぞみのことだけなんとなく気になるからコンタクト取りにいくんだけど、ココと私の絆は深いの!的な反応をされて気にくわないという。前シリーズのかれんさんやミルク、デスパライア様に顕著だった「孤独」(というかのぞみ以外のプリキュアは全員初期は孤独だったんだけど)という言葉でまで表現すると大げさかもしれないけれど、今回も、今は「一人」な感じが強いシロップが、仲間パワーに目覚めていく過程を描くんだとしたら、とってもプリキュア的。

●ピコメモ
・プリキュアシューティングスター凄すぎ。突撃技に味をしめた!
・四人の国王、わりと能力的にしょぼい件。パルミン化して滞在。前シリーズのピンキー並の扱いです。人間体になって自活までできるココナッツミルクシロップは、スペック高かったんだなぁ。

 ↓にて、『プリキュア』に関する感想などの関連コメント、トラックバックもお待ちしております。節度を守った上でお気軽にどうぞ。

→今年もキュアドール


Yes!プリキュア5 GoGo! キュアドール! キュアドリーム
Yes!プリキュア5 GoGo! キュアドール! キュアルージュ
Yes!プリキュア5 GoGo! キュアドール! キュアレモネード
Yes!プリキュア5 GoGo! キュアドール! キュアミント
Yes!プリキュア5 GoGo! キュアドール! キュアアクア

前回第01話「復活!プリキュア5!」の感想へ
次回第03話「運び屋シロップの友達」の感想へ
Yes!プリキュア5GoGo!感想のインデックスへ