・限られた自分のリソースを気に入らない既存のものの破壊にあてるよりも、新しいより良い代案の創造にあてた方が良い場合があります。創造された代案が素晴らしかった場合、劣る既存の方はわざわざ破壊リソースを割かなくても自然淘汰されていくものなので。

・色んなものに当てはまりそうですが、自分ごとにも当てはまりそう。人一人のリソースなど、せいぜい毎日食べるご飯で供給されるエネルギー程度。だったら、同じリソースを、ダメダメな現在の自分を責めることに使うよりも、少しだけ目指してる自分に近づくことに使った方が理屈上はよいはず。

・ダイエットできないダメダメな私、という自分を責める文章を30分Twitterでつぶやいてるより、同じ30分で外歩いてきて体動かして少しでも脂肪燃やした方がよい、的な。

・ただ、劣っても古きの良さ、みたいなのもあるのも事実。そういう時は、淘汰されていきがちな古きを、そっとありがとうと抱きしめる。自分ごとなら、太ってた頃の私も、やはり私だったよ、というような。

・というようなことを今日の朝散歩しながら考えていて、花咲さんは凄いなと思いました。定期的に訪れる、30代の社会の主力あるいは準主力くらいが、プリキュアから学んでる日本ってどうなのシリーズ。チェンジしていくことを目指す理由を完璧に描きながら、過去の変われなかった私も抱きしめるという第37話・第38話の一生もののメッセージ感はすごい。エピソードの本歌的なポジションのプリキュア5の映画『鏡の国のミラクル大冒険!』の哲学度も素晴らしい。長峰監督がハートキャッチ一年後再放送時の全エピソードTwitterコメント時に、このエピソードは哲学書とか手にプレゼンしたりした、みたいなことを語っておられただけあります。

映画Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!【通常版】 [DVD]

・あと、『ふたりはプリキュアSplash☆Star』のDVD-BOX2巻も予約開始。Amazon情報によると、新規収録の声優対談が収録される模様。じ、実質樹元さんと榎本さんっぽいよな……。

ふたりはプリキュア Splash☆Star DVD-BOX vol.2 (完全初回生産限定)